子育て

自由なママと不自由なママの違い

家族で旅がしたい。
でも一人の時間も欲しい。
さらには子供との時間も充実していて
私にしかできないお仕事もしたい。

、、、と言う何も諦めたくないワガママな私(笑)


「子供を産んだら自由がなくなる。」
「幸せの代償に何かを犠牲にしなければならない。」

っていう思い込みは多くの人が持ってる。


私もまさにそう思っていたし、第一子を出産する時には
「私の人生一旦おやすみ入りまーす。」と本気で思っていた(笑)
そして実際の子育てライフもその通りになっていた。

それでも自分時間が欲しい諦めの悪い私は
ワンオペ育児をしながらOLもして
さらにはハンドメイド作家としても活動し、
週に2回は徹夜が基本!みたいな生活をしてたの。

今思えばハードすぎる(笑)

時間を作るためには睡眠時間を削るしかないと本気で思っていたから。


でもよくよく世界を見てみると
結婚してようが子供がいようが
自由に生きている人、時間に余裕のある人って結構いた。

何が違うんだろう?
旦那さんの稼ぎ?ではなくて(笑)


「子供を産んだら自由がなくなる」

と思っているか

「子供を産んでも自分時間は作れる」

と思っているかの違いだけだ。


”当たり前の設定の違い”が異なる現実を作ってる!!!



だってママでも時間がある事を当たり前と思っている人は
自由がないと感じるとそっちが違和感なんだよ。
なんで自分時間がないんだろう?おかしいなぁ?って考えるから答えが見つかる。
逆にはじめから無理だよなぁと思っている人はずっと無理だよ。


それでいい人はいいけど
私は絶対に嫌だ!!!!!(笑)


どうやって時間が作られていくのか
答えはすぐには見つからなくても確実にそうなっていく。


実際私は今
家族と海外で生活できていて
子供と遊ぶ時間も十分あり、
そして自分の時間もしっかり6時間取れているのだ。
もちろんいっぱい寝てる。

明らかに生活が一変したのは
”当たり前の基準”を変えた。それだけだ。

子育てしながら自分の時間も大切にしたければ
まず変えるのは行動じゃなくて

頭の中!!!!

当たり前と思い込んでいる事を変えていく事!!
そしたら自然と行動が変わって現実も変わっていく♡



私が書き換えた”当たり前” 

  • ママになったら自由時間はない→ママになっても自由時間はある
  • 子育てはママがメイン→子育ては皆でするもの
  • 時間を作るには睡眠時間を削るしか無い→たっぷり寝ても時間は作れる



それぞれが勝手に思い込んでる”当たり前”
現実はただその思い込み通りになってるだけだよ。
だから嫌なら変えちゃえばいい♡

私はこれからも欲張りにワガママに子育ても自分自身も楽しもうと思うよ♡
だって本当は楽しくて仕方ない子育てライフ。
我慢してたら楽しいものも楽しくなくなっちゃうよ(T ^ T)

不自由さを感じているママに届けば嬉しいです♡

おすすめ記事

1

結婚して可愛い娘が産まれて第2子も妊娠している。 そんな世間的には最高に幸せな状況の中人生のドン底を歩いていた2年前の私 (笑) (いや、歩いてもなかった。感覚でいうと地面を這っていた感じww) 人生 ...

-子育て

Copyright© Like a baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.