HAPPY MIND

旅を通して私が本当に欲しかったもの

車も家も仕事も手放した。子供達の慣れ親しんだ保育園も退園した。
全てを手放してでも家族で旅をしたい!と言う思いが強くて子供達に対しても絶対にいい経験をさせてあげれる自信があったから迷うこともなかった。

旅に出てすぐにウィルスが世界中で流行し国境がどんどん閉まっていった。
正直ここまで広がるとは思ってなくて思い描いていた旅のスタイルが出来ない事に少しがっかりしつつも、私は伸びに伸びたバリでの生活が大好きで、毎日が夢の中にいるような感覚だった。
だからもし1カ国で終わったとしても私的にはもう満足しているから他の国回れなくてもいい!って思ってた。

昨夜旦那さんと今後について話し合いをして、
行きたい国の渡航可能情報を調べれば調べる程今は自由に旅をする事が難しいと分かった。
本当を言えばもっと前から分かっていたけど受け入れたくなかったんだと思う。
そう思うと悲しくて悲しくて涙が止まらなかった。

満足していたはずの今回の旅。
終わりがリアルになると泣けた。

また状況が落ち着いてから短期旅行でもすればいいか!とも思ったんだけど全然ワクワクしなくて。
そこで私が本当に求めていた事が分かった。

私はただ”旅がしたい”と思っていたんだけどでも本当の望みは”家族の絆を深めたい・家族の時間を過ごしたい”だった事に気づいた。だから楽しかった思い出だけで終わりがちな短期旅行よりも長期旅行を望んだんだって事も分かった。
旅というツールを使って一緒に泣いたり笑ったり悩んだり感動したり。そういう事がしたかった。
サンタクロース村も行きたいし子供達に野生の動物も見せてあげたい。スペインでグルメツアーもしたい。
それも本当!
でも私は家族の時間が本当に幸せで大好きで、観光する事はほんのオプションでしかないんだよね。
私はずっと家族の絆とかチーム感とかに憧れていたんだと思う。

だからバリで一緒にいれる事だけで幸せで、何ももういらないなぁと満たされた気分だったんだ。

私が欲しいものって
「旅」とか「お金」とか目に見えるツールじゃなくて
「感動」とか「幸せ」っていう感情だったんだ。



確かに「旅」と言うツールは24時間一緒の時間を共有するから絆は深まりやすい。
でも日本でも出来るはずだなとも思った。
日本にいながらでも絆を深める事は出来るし感動したり幸せを感じる事は出来るはず。オプションとしての旅ならば今無理をするよりも自由に旅が出来るようになった時に再出発しようかなと。

家族の絆は時間ではないとも思う。
でもワンオペ育児が辛すぎた私は旦那さんと子供達とただただ過ごす時間が愛しくて本当に本当に幸せだったんだ♡

一旦旅が終わったとしてもこの幸せを日本でも続けていけるようにしたい♡
大切なものを見失わないように♡


私が欲しいものっていつも
夢を叶えた先にある「感情」だったんだなぁ。

おすすめ記事

1

結婚して可愛い娘が産まれて第2子も妊娠している。 そんな世間的には最高に幸せな状況の中人生のドン底を歩いていた2年前の私 (笑) (いや、歩いてもなかった。感覚でいうと地面を這っていた感じww) 人生 ...

-HAPPY MIND

Copyright© Like a baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.